barbour7

バブアーの風合いを変えずに洗う。 出来る限りオイルを取らずに汚れだけを除去する方法です。 洗い方は、手洗いと弱い水流による水洗いです。

barbour7

オイルドコート・ワックスジャケットの洗い方

オイルドコートは、オイルが汚れや砂埃を吸い取り、一般の衣類以上に汚れやすい性質のものです。
長く着用していると外からの汚れだけでなく、汗や皮脂がこびりついてしまっています。
いくら英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであり、
洗わないで着ることがバブアーのスタイルだと言われても、清潔志向の日本人にとって、
肌や他の衣服に汚れが付着するなどは耐え難いことなのではないでしょうか?

oilcoat
クリーニングのデアはオイルドコートの風合いを変えずに洗うことを目的にその技術を開発しました。

バブアーの風合いを変えずに洗う。
出来る限りオイルを取らずに汚れだけを除去する方法です。
洗い方は、手洗いと弱い水流による水洗いです。
<洗浄剤>
それにはグルコン酸とクエン酸が配合されて作られた石けんが不可欠です。
洗浄力が高いので、オイルドクロスの表面についた汚れを取りますが、オイルにはあまり影響を与えません。

seken2
<ブラッシング>
汚れた部分を柔らかいブラシで軽くブラッシングします。
特にエリ部分は汚れに混じった皮脂がこびりついていますので、除去します。
もともとオイルが汚れや皮脂を繊維の中に入るのを防護してくれているので、
汚れは表面に付着しているだけで、石けんの洗浄力と、ブラッシングで比較的容易に除去できます。

barbour8

<洗濯機に入れる>
次に2槽式洗濯機で洗い方をデリケートにセットして軽く洗います。
その目的は汗などで汚れている内側の汚れを取ることと外側を全体的にきれいにすることです。
何故全自動洗濯機ではなく2槽式洗濯機なのかと言えば、
洗濯機のふたがないので、洗っている様子がつぶさに見ることが出来るからです。

sentakuki

<石けんのアワに汚れを含ませる>
しばらくすると、汚れをふくんだ石けん液のアワが浮かんできました。
この様子を見ながらこのアワがなくなってきたら終了します。
<脱水>
次に脱水です。オイルドコートは硬い風合いが特徴なのできつく脱水してしまうと繊維が折れてしまうことがありますので、
ゆすいだら脱水無しで「ダラ干し」を行います。
水がしたたり落ちるにまかせて自然乾燥します。
実は「ダラ干し」は、脱水しない分だけ、シワが少なく済みますので、仕上げがラクになる利点もあります。

barbour9

<再オイルド加工>
こうした洗いかたをしてもオイルは取れていることがあります。 再オイルド加工を施します。
いわゆるリプルーフです。
オイルはオイルドコート用に特別に調合された無臭のオイルを使用します。
バブアー(Barbour)オイルドコートは機械油のような臭いが気になるということが指摘されているので、
石油系のワックス、オイルは使いません。また塗り方もべたっと塗るのは禁物です。ムラが出来ます。
少しづつ薄く薄く何層にも重ねていきます。 その後べたつきをなくすために軽くコーティングスプレーをかけてます。

barbour10
オイルドコートの仕上げ
<仕上げアイロン>
オイルドコートの仕上げは、もちろん手アイロンによる手仕上げです。
バブアー(Barbour)オイルドコート独特の風合いを残すために表面はついたシワを伸ばす、
そしてカタチを整えるためにプレス作業をします。表面はオイルがかけてありますので、アイロンから出す蒸気は微量にします。内側は丹念にアイロン掛けを行い完成です。

barbour11

>>オイルドコートのクリーニング料金はこちら