kimono2

クリーニングの難しい衣類にきものがあります。 正絹(シルク)の着物のクリーニングはどのような洗い方をするんでしょうか?

kimono2

聞き手
クリーニングの難しい衣類にきものがあります。
正絹(シルク)の着物のクリーニングはどのような洗い方をするんでしょうか?
滝本
今はきものはドライクリーニングで洗います。シルクは水に弱いのです。
着物はどこが汚れやすいかというと、エリや袖口、裾の部分が汚れやすくなります。
エリは汗をかいて汗だけでなく人の皮脂がつきます。
汗は水溶性の洗剤で前処理をします。

皮脂は油溶性なのでドライクリーニングの溶剤で溶けます。
洗い方はゆすぐ程度にしておく必要があります。脱水も短時間です。
シルクは繊細な繊維ですから出来るだけ、洗浄機で揉んだりたたいたりする負担をかけないことが重要なのです。

乾燥も乾燥機に入れずに着物専用の案山子のような大きなハンガーで自然乾燥させます。
部分部分に重しを付けて、乾燥後着物に張りが出来るように乾燥します。
これは反物を織るのと同じような方法です。
着物は衣類と違って立体的にふくらんだりしていなくて平面です。
着物には裄(ゆき)と幅(ふく)などの部分があって、
アイロンで押さえつけてはいけないところがあちこちにありますから、
アイロンで押さえなくてもすむようにあらかじめシワを伸ばしておくのです。

着物のクリーニングは一般衣類とは作業の流れがかなり違っているので、
専門工場で作業するということになりますが、
大量生産しているホールセール工場では、部分部分に重しを付けて、
乾燥後着物に張りが出来るような乾燥方法をしないので、
この裄(ゆき)と幅(ふく)をつぶしてしまうことが度々あります。

註)ホールセール
ホールセールとは「卸問屋」のこと。クリーニング業界では、着物、レザー製品、布団、絨毯などの特殊品を専門にクリーニングする工場。多くのクリーニング店は作用の流れが違う。また特殊品とは設備、技術も違ってくるので、一般衣類以外はホールセールのような特殊品専門工場に依頼する。
聞き手
現在着物はドライクリーニングで丸洗いをしていますが、
もともときものの洗い方は「洗い張り」できれいにしていましたね。
昔、クリーニング屋でも着物の洗い張りをしているところを見かけたことがありますが・・
滝本
着物の洗い方は、「洗い張り」が理想です。
着物をほどいて、反物にして水洗いします。
水洗いによる縮みが起こっても元に戻すことが出来る洗い方ですから、汚れやしみを落としやすいのです。

干す方法は、伸子(しんし)張りをして乾燥します。
何本もの細い竹ひごを、細長い布の横糸に沿って、
一定の間隔で両端に指して、生地の横糸に張りを出していく方法です。
乾けば、それをまた縫い直して仕立てるのですから、大変時間と労力がかかります。

着物は縦には絶対縮まないんです。横方向にだけに伸び縮みします。
機織りを見ていたら分かりますね。縦糸の間に横糸を通して、
縦にパンパンとたたいて抑えつけますね。だから縦糸は密度が高いから、縮んだり、伸びたりしないで固定しています。
一方横糸の方は通すだけですから、動きやすいのです。
その縮みやすい着物の特徴をうまく利用した洗い方が洗い張りです。
次回はさらに洗い張りについてお話しを聞いていきます。