Fotolia_80018659_Subscription_Monthly_M

卒業式、入学式もひと段落 フォーマルスーツや礼服をクリーニングに出すタイミングは?

Fotolia_80018659_Subscription_Monthly_M
 

皆様のご家庭でも、2015年の春を迎えて、様々な変化があったのではないでしょうか? 成人式、卒業、入学、または、就職。社会人の方は移動などなど・・・。そして4月も半ば、そろそろ、新しい生活や環境も落ち着き始めて来たころではないでしょうか?

そこで、アットデアからひとつご提案があります。

それは、大切な人生の節目イベントで着用した、フォーマルスーツやドレス、礼服などの保管です。

皆様が、卒業式や入学式で来たフォーマルスーツやドレスなど、次に着る機会はいつですか?

もし、次に着る機会がちょっと先になりそうであれば、この機会に是非クリーニングをお勧めします。特に、すでに何度か着る機会があり、まだクリーニングに出していない・・・という場合は、なおさらかもしれません。

 

ご存知かもしれませんが、何度か着用してしばらくの間保管している、つまり、汚れがついたままでの保管期間が長い場合、カビや衣類の虫、シミの沈着などのリスクがどんどん高まってしまいます。

pixta_5978195_S
ヒメマルカツオブシムシ幼虫
 

特に、もし同じ保管場所で他の衣類に虫食いの穴を見つけてしまった場合は、かなりの危険レベル。衣類の虫は主にガの幼虫や、鰹節など乾燥した動物質を食べるカツオブシムシなどが主ですが、冬の間幼虫で過ごし、暖かい春になり、さなぎになるまでの間はとにかく食欲旺盛。ウール、カシミヤ、絹などの動物繊維を始め、好みの動物繊維がない場合は綿、麻などの植物繊維や、化学繊維までもどんどん食べてしまいます。

 

Fotolia_75960186_Subscription_Monthly_M Fotolia_72630369_Subscription_Monthly_M

高級な動物繊維こそ衣類の害虫の大好物! 是非ご注意を!
 

すぐ次に着る機会がある方は、着用するたびにクリーニングに出す必要はありません。着用後はブラッシングや陰干ししておき、保管するだけでも問題ありません。

今は季節の変わり目。当分着る機会がないのであれば、大切なフォーマルスーツやドレス、礼服、または着物など、この先もずっと大切なイベントで活躍してもらうためにも、この時期のクリーニングをお勧めします!

Fotolia_66639406_Subscription_Monthly_M

ドレス、衣装、燕尾服などのクリーニングはこちら

着物のクリーニングはこちら

毛皮・ファーのクリー二ングはこちら